花柳界全体の話題

2012年

7月

30日

2012隅田川花火大会

2012、ことしの隅田川花火大会は例年より更に多い花火見物の人たちで浅草周辺は大混雑でした。

花火大会が終わってからも、沿道には多くの方が・・・。

 

タクシーもなかなか捕まらない状況で、遅い時間まで人が溢れていました。

 

花火見物も毎年工夫しなければいけないような状況ではありますが、まだまだ穴場はあるんですけど、

こればかりはお教えする訳にもいかず・・・。

 

Photo by The Karyukai

筆者の撮影場所も7時から花火の打ち上げ開始時には誰も居なかったのですが、段々と通りすがりの方が増えてきて、気が付いたらかなりの人数で膨れ上がっていました。

 

Photo by The Karyukai

また来年もこの場所から撮影が出来ればいいなと思います。

ただし、見物されるかたも是非マナーを守って見物してくださいね。

 

最近携帯での撮影者が増えて来たのは良いのですが、自分の事しか考えないで周囲を気にせず他の撮影者のカメラ前に出て液晶の確認をしたり、なかなか前から立ち去らなかったりとかする人が非常に多いです。

カメラ撮影にもマナーは重要で、撮影する前に周囲の状況確認を是非してください。

 

先に撮影ポイントを確保している人もいますので、その辺も是非考慮して撮影願いたいものです。

また、お子さんを肩車して見物されている方も目立ちましたが、ほかの人の迷惑にならないようにして欲しいものです。

 

花火見物も是非「粋」に見物して欲しいものです。

2012年

7月

17日

ご無沙汰しております。

最近こちらのサイト更新が止まったようになっていますが、実はフェイスブックの方で「ざ・花柳界 フェイスブック版」を運営しております。

 

リアルタイムな情報などは現在フェイスブック版の方で情報発信しています。

ですので、こちらの更新が滞ってしまい誠に申し訳なく思います。

 

是非、フェイスブック版の「ざ・花柳界」の方にもお立ち寄り頂ければと思います。

 

今後とも「ざ・花柳界」宜しくお願い致します。

 

 

ざ・花柳界 管理人

2012年

5月

31日

清水検番 新人芸妓お披露目

久しぶりに、清水検番さんからお便りを頂きました。
以前に新人芸妓募集を静岡市を挙げて行い、その結果新人さんの選考がこれから行われるというお話を記事として皆さんにお伝えしたことがあります。(過去記事をご参照ください)
その後の状況を、清水検番さんがお知らせ下さいました。
お便りを基に記事にまとめましたのでご覧ください。
29日に新人芸妓2名が、清水区小芝神社で祈願をし静岡の浮月楼にて、お披露目をいたしました。
新人芸妓さんのお名前は、真琴(まことさん、、壱佳(いちか)さんといいます。
 
採用から約1カ月半、目出度くお披露目になりました。
その模様は、静岡新聞をはじめ新聞各誌に掲載されています。


 
静岡伝統芸能振興会さんと清水検番さん共に、活気のある花柳界にしていきたいとお姐さん達と話しているそうです。
皆様清水の花柳界をよろしくお願い致します。

2012年

5月

26日

東京新橋組合 第88回東をどり 開催

第87回 東をどり の模様

 

 

第88回 東をどり が5月27日より新橋演舞場にて開催されます。

演舞場全体を「料亭」に見立て、芸者衆の踊りと食を楽しめます。

 

鑑賞券

桟敷席=7,500円、1階席=6,500円、2階正面席・2階右列席=5,500円、2階左列席・3階席=2,500円。

 

開演時間

第1部=11時~、第2部=13時40分~、第3部=15時50分~

 

開催期間

5月27日(日)、28日(月)、29日(火)、30日(水)

 

開催場所

新橋演舞場

 

詳しくは、東京新橋組合HPをご覧ください。

 

 

 

 

 


2012年

5月

05日

岐阜 鳳川伎連のその後・・芸妓見習いさん誕生

 

 

 

まずは、岐阜鳳川伎連さん 新人さん誕生おめでとうございます。

ようやく、喜久雛さんの後に続く新人さんが誕生されたようです。

 

これからいろいろと、はじめて体験する事や分からない事などがあるでしょうが是非頑張って

芸に精進されますように・・・。

 

ざ・花柳界も鳳川伎連さんを応援しています。

もちろん、新人の喜久朱(きくあや)さんも応援しますよ。

 

皆さんも是非応援してあげてください。

 

 

 

 

2012年

5月

04日

松山芸妓が漫画の題材に

少しでも若い方々に松山の芸妓を知ってほしいと、松山「松美会」さんが企画されたそうです。

若い世代に訴えかける方法として漫画というアイデアはなかなか面白いのではないでしょうか。

 

花柳界をもっと広く知ってもらうためには、新しい事にもどんどん挑戦しないと今の時代は難しいものです。

大いに頑張って頂きたいと思います。

 

 

 

2012年

4月

13日

岐阜花柳界 外国出身芸妓を誕生させる

最初に苦言を言いたいので書いておきますが、中日新聞の記事タイトルですが「花柳界に初の外国出身芸妓」とありますが、実は既に外国出身の芸妓さんは花柳界に実在しています。

岐阜花柳界にはじめて・・・というつもりで付けたタイトルなんでしょうが・・・。

 

浅草ではオーストラリア出身の紗幸という人が居ましたが除籍になっているので、元芸者?とでも呼ぶしかありませんが・・・。

 

それ以外にも伊豆に確かウクライナ出身の芸妓さんさんが居ます。

どこの土地の花柳界か失念しましたが、ルーマニア出身の芸妓さんも居ります。

この辺の事をもう少し理解して記事に反映して欲しいなと思います。

 

苦言はこの辺にして、岐阜花柳界に中国出身の芸妓さんが誕生したことはこれも時代の流れなのかなと思います。お写真を見ると言われなければ分からないほどの美貌の持ち主ですね。

詳細は記事を読んで頂ければと思いますが、問題は中国の方独特のイントネーション・・・・。

お座敷に上がって独特のイントネーションで会話されたら・・・少しだけがっかりもするかも知れません。

この辺のところ苦労されるかも知れませんが、ご関係の方々がこのブログをお読みになられているなら、是非宜しくご指導してあげてください。

 

それと、置屋さんや見番(検番)さん、お姉さん方の指導をしっかり受けられてのお披露目でしょうから心配はないかと思いますが、過去にオーストラリア人芸者が問題を起こしたりもしています。

その辺の管理と、花柳界独特のしきたり、日本の伝統をしっかりと教え込んでほしいと願います。

将来はご自分で看板(店だし)も出されて一人前になられるでしょうから・・・・。

 

いずれにしても、頑張って頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

2012年

4月

09日

長崎芸妓衆 奉納舞

桜の木の下で、長崎芸妓衆が奉納舞を披露。

桜と芸妓衆はとても似合いますね。

 

7日はそこかしこで催しが行われました。

都内でも満開の桜と共に、各花柳界では催しが行われたようです。

 

 

 

 

 

2012年

4月

02日

52年ぶりにお披露目した下呂温泉 舞妓

 

下呂温泉 「湯之花芸妓連」(下呂市湯之島)が4月1日、2名の新人舞妓がデビューを果たしたそうです。

下呂温泉で舞妓が誕生するのは1960(昭和35)年以来で52年ぶりのお披露目。

 

 

「お店出し」して舞妓デビューした「雛乃(ひなの)」さんと「菊乃(きくの)」さん

は幼なじみだそうでこの春地元高校を卒業したばかり。二名とも18歳。 

 

若い世代の人がこうして花柳界デビューするのは初々しいですね。

後継の問題が取りざたされている中、花柳界として明るい話題です。

 

 

 


2012年

3月

31日

下田市助成の新人芸妓 育つ  下田花柳界

 

 

 

昨年、ざ・花柳界でも記事として取り上げていた、下田市が芸者衆の伝統文化を継承しようと、市は助成金を交付し新人芸者の育成に乗り出したという話題のその後・・・。

 

-----------------------ここから引用-----------------------------------------------------

市は昨年10月、国の緊急雇用助成金を活用して芸者育成を計画し、520万円を一般会計補正予算に計上。全国から「芸者になりたい」と応募してきた3人の女性を支援してきた。

 

芸者志望の女性たちは中国遼寧省瀋陽市出身のりん花さん▽愛知県瀬戸市出身のいろはさん▽高知市出身の淡菊さん。りん花さんは日本人を父に、中国人を母に持つ。「日本の文化に興味があり、芸者を志望しました。お稽古(けいこ)は厳しいけど、先輩のお姉さんたちは優しく、楽しい毎日です」と・・・。

 

以上毎日新聞記事より 記事詳細はこちらをご覧ください。

とにかく3名の新人芸妓さんには是非頑張って頂きたい思います。

下田芸妓の存続のためにも・・そして更に後継が増えれば良いですね。

 

 

 

 

 

 

2012年

3月

27日

第23回 熱海をどり 開催

 

 

熱海芸妓連による、第23回「熱海をどり」が開催されます。

4/28(土)・29(日)の両日、開催します。

 

前売り券は、4/15迄、発売だそうです。

お求めは熱海芸妓見番へ。

2012年

3月

25日

盛岡芸妓の公開講座 ひらかれる


以前この情報を「ざ・花柳界」でも掴んでいましたが、応募方法と定員が少ない為広報しなかったのですが、どうやら盛況のうちに終了したようです。

 

どちらかと言うと、岩手・盛岡の方々に向けての公開講座なので、外部向きの催しでは無いようでした。

 

 

 

 

今回行われた盛岡芸妓公開講座は後援会が発足してからの最初の催しと言っても良いでしょう。

参加された方々の表情を動画で見る限り、満足されている様でした。

また、東京浅草組合所属の幇間「米七」さんも独特のお座敷芸で盛り上げ、お客様はもとより出演者にも受けていたようです。

 

この様な催しを数多く開き、盛岡芸妓の若手後継獲得と伝統文化としての保存活動を活発にされることに期待します。

 

 

リンク先の動画は、早めにご覧にならないとリンクが切れて見られなくなります。

 

 

 

 

 

2012年

3月

25日

「北野をどり」はじまる 前夜祭も賑やかに

昨日、前夜祭が行われ、いよいいよ本日25日より~4月7日まで「北野をどり」が催されます。

全国からひと目見ようと大勢のお客様が訪れる「北野をどり」・・・。

 

今年も盛大な事でしょう。

 

また、今年で60回目となるのを記念し、千秋楽の翌日(4月8日)には、お茶屋や飲食店を営む元芸妓らが出演する「さかさま会」も行われるそうですので花柳界ファンは必見です。

この「さかさま会」、60回の節目を盛り上げようと企画され復活したもの。

演目は、第一部では地元商店主や元芸妓らによる「白浪五人男」。第二部は「お座敷の賑(にぎわ)ひ」と題し、おかみさんや仲居さんたちが踊り、上七軒夜曲でフィナーレを飾る。

 

 

 

さかさま会とは・・・・。

ふだんは裏方で公演を支えるお茶屋のおかみさんや仲居さん、地元の商店主らが千秋楽翌日の舞台で劇や舞踊を披露する。

 

その歴史は・・・・。

「北野をどり」初回は1952年。没後1050年の節目を迎えた北野天満宮の祭神・菅原道真をしのび、舞踊劇「北野天神記」を上演した。さかさま会は千秋楽の終幕直後にあり、当時約30軒あったお茶屋のおかみさんたちが天神記を演じた・・・とされています。

 

 

 

 

2012年

3月

23日

「岐阜 鳳川妓連」 観櫻會のご案内と舞妓募集

 

春の宵、長良川畔のホテルパークさんを会場に夜桜を楽しむ『観櫻會』を開催いたします。
宴会場のお座敷からはライトアップされた夜桜が眼下に広がります。
桜に因んだ 幇間・芸妓・舞妓の舞と お座敷遊びのちょっと贅沢なお座敷あそびのひとときでございます。



場所: 岐阜長良川温泉 ホテルパーク
時間: 17時30分開宴(20時頃終宴予定)
会費 : 15000円 (お料理・お飲み物・税サービス料込み)
 
 
※ご宿泊のご予約も承ります
 
 
お問い合わせ お申し込みは
岐阜 鳳川伎連 0582655887

 

 

現在 岐阜 鳳川妓連では「新人舞妓」を募集中です。

是非舞妓になりたい!とお思いの方は奮って応募下さい。

詳細は以下の通りです。

 

2012年

3月

23日

清水検番さんからのお便り

 

 

先日、「ざ・花柳界」に清水検番さんからメールをいただきました。

以前から清水検番で新人芸妓募集に関する記事等を「ざ・花柳界」でご紹介していますが、

今回頂きましたメールは、新人芸妓さんの応募が締め切られ多数の応募が寄せられたという

その後のご報告などでした。

 

実際静岡伝統芸能振興会さんが募集という形で進めてきましたが、数週間前に締め切られ、

数多くの応募が寄せられました。

 

福島からも応募があり、現在は一次面接~二次面接と行っている最中だそうです。

今月末には最終的に詳細発表になると仰っていました。

 

ニュース記事や募集記事等でその動向はわかりますが、実際その後の経過報告まではなかなか分からないものですが、今回清水検番さんよりお便りを頂いたことで「新人芸妓募集」が成功したことが分かります。

 

真剣に今後の花柳界を考える中、後継を残す努力を真剣に考え、お姉さん方も行動を起こした結果今回の新人芸妓募集の成功に繋がったのでは?と思います。

 

これから更に静岡伝統芸能振興会さん、清水芸妓、清水検番さんに注目していきたいと思います。

 

清水芸妓置屋協同組合より
清水芸妓置屋協同組合より

2012年

3月

21日

3/27日開催 唐人「お吉祭り」 下田

唐人お吉(斎藤きち)
唐人お吉(斎藤きち)

お吉祭り

 

十一谷義三郎の小説(昭和3年)『唐人お吉』で広く全国に知られるようになり、昭和29年から毎年、お吉を供養する祭りが開かれる様になり、全国から大勢の歴史ファンが供養に訪れています。

 

 

明治24年、豪雨の夜に川へ身を投げ亡くなったのが3月27日であります。(お吉の命日)

 

下田一の芸者

 

14歳で芸者となりお吉と名乗り瞬く間に田一の人気芸者となったのであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて歴史的背景のご説明はこの辺にして、毎年行われるこの「お吉祭り」ですが、下田市観光協会の主催で行われ、午前10時から、お吉ケ淵で、下田芸妓(げいぎ)衆らによる献花と鯉の放流が行われ、10時45分から八幡山宝福寺(竹岡幸徳住職)で法要などが営まれます。

 

また、境内では創作長唄や踊り、三味線演奏、大道芸、青空市、フリーマーケットなどのイベントも開かれるそうです。(雨天時は本堂で実施)

 

この時期下田にお出かけになられる方は是非「お吉祭り」にお出かけください。

 

 

 

詳しくは下田市観光協会 まで

TEL :0558-22-1531

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2012年

3月

20日

伝統技芸保持者 認定表彰が行われました。京都

京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)は19日、花街で芸能の継承に功績のあった芸妓4人を「伝統伎芸保持者」に認定し、京都市中京区のホテルで授与式を行った。
 

財団は毎年、30年以上の芸歴がある人から保持者を選び、認定している。
 

祇園甲部のまめ晃(こ)(本名・藤松愛子)さんは立方、惠美二(えみじ)(引地右子)さんは地方として、ともに自らの技の向上と後進の指導に力を注いでいる。

 

上七軒の福鶴(ふくづる)(多(おおの)弥栄子)さんは立方と地方で50年以上、技を磨いてきた。祇園東のつね和(かず)(岡幹子)さんは踊りの名手として高い評価を受ける。
 

授与式で4人に認定証が贈られた。写真撮影の後、福鶴さんが「これでよろしいとはなりません。もっと精進します」と話すと、ほかの3人も「思いは一緒です」と、うなずいていた。

 

京都新聞より

 

受賞された皆様、おめでとうございました。

これからも素晴らしい芸を見せてください。

 

記事文中に福鶴さんのコメントが素晴らしいです。「これでよろしいとはなりません・・・。」

確かに芸事で「これでいい」という事はありません。

一生勉強とも言われています。そんな謙虚なお気持ちをコメントされた福鶴さんに敬意を表します。

 

 

 

 

2012年

3月

19日

三社祭斎行700年祭 浅草芸者衆も参加し華やかに

平成24年3月18日、三社祭斎行700年祭「船渡御」の宮神輿浅草移御が行われ、沿道や周辺には一目見ようを多くの人で賑わっていました。

朝10時10分頃宝蔵門に集結した行列一行は此処から氏子44町会の地域を目指して行列を始めました。

 

「神輿を引き屋台に乗せ宮神輿四十四ヶ町移御
宝蔵門→伝法院通り→馬道通り→言問通り→吉野通り→小松橋通り→国際通り→ 浅草通り→並木通り→雷門通り→江戸通り→東参道桟橋」というコースでした。

 

ざ・花柳界も全コースを同行取材しました。


かなり長丁場のコースですが、芸者衆も疲れを見ぜずに笑顔で行列参加していました。

午後12時10分に移御は終了。

その後、大川(隅田川)を船渡御しました。

生憎途中で雨が降り出したので、その部分は撮影できませんでした。(残念)

雰囲気だけでも伝わればと思います。



2012年

3月

17日

鳳川伎連、妹分の舞妓募集

 

岐阜で有名な幇間さんが居る鳳川伎連さん。

その鳳川伎連さんで「舞妓」さんを募集しているそうです。

我こそはと思われてる方は是非お問い合わせ下さい。最近各地でこの様に募集があります。

 花柳界に入りたい方は募集情報は必見ですよ!

2012年

3月

10日

これからの催し ご紹介 (京都)

第六十回 北野をどり

第六十回 北野をどり

日時 平成24年3月25日(日)から4月7日(土)までの14日間

会場 上七軒歌舞練場

※申し込み期間 平成24年1月5日(木)から3月9日(金)まで

リンク: 北野をどり.

 

演目
「愛してならぬ人」
「子宝三番叟」
「花見踊」
「上七軒夜曲」

 

●「愛してならぬ人」はカッパの女の子と人間の恋物語だそうです。

 

第六十三回 京おどり

京おどりHPより
京おどりHPより

都をどり

祇園甲部歌舞会HPより
祇園甲部歌舞会HPより

2012年

3月

05日

第30回 神楽坂をどり 4月7日開催

東京神楽坂組合「神楽坂をどり」が4月7日、牛込箪笥区民ホールにて開催されます。

今年で第30回目を迎えます。

昨年新宿区の無形文化財に認定されたりと注目されている神楽坂の芸者衆。

チケットのお申し込みもお早めに!毎回発売開始後直ぐに売り切れになるほど人気です。

 

日時:2012年4月7日

開催場所:牛込箪笥区民ホール 東京都新宿区箪笥町15番地

お問い合わせ・チケット等:東京神楽坂組合(03-3260-3291)

 

 


2012年

3月

05日

盛岡芸妓 後援会設立される

リンク先の動画は一定期間が過ぎると見られなくなりますので、お早めに・・。

 

盛岡商工会議所や企業などが盛岡芸妓を支える後援会を設立したそうです。

いまや「花柳界」を存続させる為にはこの様な取り組みをしなければ難しくなって来ています。

なんども「ざ・花柳界」で訴えかけていますが、花柳界がある地元の皆様が真剣に取り組んで頂かなければ、伝統ある文化でも絶えてしまいます。

 

全国の花柳界全般に言えることであります。

日本の文化の灯を消さない為に是非皆様ご協力をお願いします。

そして、若い女性の方々は就職先の一つの選択肢に花柳界をお考え下さい。

 

しっかりと仕込まれ本当の意味での「大和撫子」「日本の女性」に貴方もなれますよ。

 

 

 

 

2012年

3月

01日

清水芸妓 静岡市全体で全力を挙げての応援

本日NHKの朝のニュース「おはよう日本」で清水芸妓置屋協同組合さん、静岡伝統芸能振興会さんの取り組みに関して紹介されていました。

 

存続を掛けて、若い芸妓さんを募集している取り組みです。

全国の花柳界を見ても、その悩みは同じなのです。

決して人事ではないので、地域や地区関係なしに花柳界全体としてもその同行を重視していると思います。

 

そして、明日静岡の葵生涯学習センター(アイセル21) ホールにて静岡商工会議所との共催で、伝統芸能“芸妓”を知るためのセミナーを催されるそうです。静岡市を挙げての協力体制はうらやましい限りでもあります。

 

今回の催しに関して、組合のご関係の方から情報を頂きましたのでご紹介したいと思います。

 

以下静岡市HPから引用させていただきます。

----------------------------------------------------------------------------------

静岡市で脈々と受け継がれてきた、伝統芸能“芸妓”の文化 

静岡市ではこのような地域資源のみがきあげと発信を行い、地域経済の活性化につなげていこうと考えています。そのためには、市全体でその地域資源を知り、理解を深めることが必要です。

 そこで、静岡商工会議所との共催で、伝統芸能“芸妓”を知るためのセミナーを下記のとおり開催します。なお、当日は実際に芸妓さん方による芸の披露も行われます。どうぞふるってご参加ください。

                   記

1 日  時
 平成24年3月2日(金)午後1時30分~午後2時30分
2 会  場
 葵生涯学習センター(アイセル21) ホール
3 プログラム
 開会
 ①市長挨拶「戦略的なMICEの推進」「地域文化のみがきあげと発信」について
 ②基調講演「静岡における芸妓の歴史・文化」(講師:静岡商工会議所)
 ③芸妓による芸の披露
 閉会

4 対象者   どなたでも

5 参加方法
 静岡市電子申請フォームでお申込みいただくか、チラシ裏面の参加申込書をご記入の上、FAXまたは郵送にてお申込みください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------

また、3月10日には、外国の客船「アマデア」「コロンバス」が清水港に入港するので、芸妓衆が踊りを披露されるそうです。

 

是非多くの若い芸妓希望の方の応募を期待いたします。

親御さんなども是非、日本の伝統文化である花柳界に理解して頂きたいと思います。

時代は変わり、その昔のイメージの世界ではありません。

今やその地域の顔、地域振興や観光では欠かせない大事な存在でもある花柳界です。

しきたりや行儀などもしっかり身に付く世界です。是非ご理解の程を・・・。

「ざ・花柳界」からも大いに訴えたいことであります。

 


 

2012年

2月

29日

熱海伊豆山温泉で「お座敷芸妓大学」に参加しませんか?

熱海・伊豆山の温泉旅館「ホテルニューさがみや」さんで、以下にご紹介する楽しい企画プランが催されるそうです。

 

 

日本の伝統的な遊びを楽しみながら学ぶ、優雅なひと時をお過ごしいただくプランです。
熱海伊豆山温泉の「伊豆山結びの舞い」を鑑賞しながらのご会食。宴が進めば、日本ならではの「お座敷遊び」に興じる一時をお味わいください。

■プラン概要
期間:2012年12月27日(木)まで 
料金(平日):12名様以上ご利用 お一人様25,600円 
料金(土曜・休前日):12名様以上ご利用 お一人様28,750円 
お食事:2食付(夕食・朝食) 
お部屋:ホテル一任となります

■特典
・芸者4名(三味線1名、立ち方3名) ※お客様人数3名増加毎に立ち方1名が追加となります
・宴会時2時間飲み放題付き
・芸妓はご宴会時2時間がセットとなり、30分延長ごとに芸妓1名につき4,000円の追加料金となります
・一通りのコースを終了すると「終了証書」が発行されます

■詳細につきましては、こちらをご覧ください。
http://www.atami-sagamiya.com/plan/group/geisya.html

 

【ホテルニューさがみや詳細情報】
〒413-0002
静岡県熱海市伊豆山601
フリーダイヤル:0120-803-532
電話番号:0557-80-3531
FAX:0557-80-3535
HP:http://www.atami-sagamiya.com/
スタッフブログ:http://www.atami-sagamiya.com/blog/


【本件に関する問合せ先】
熱海伊豆山温泉ホテルニューさがみや
〒413-0002
静岡県熱海市伊豆山601
電話番号:0557-80-3531

 

プレスリリースより引用させていただきました。


2012年

2月

24日

浅草おどり、華やかに開催される。

浅草おどり 2月24日
浅草おどり 2月24日

本日と明日の2日間、台東区側の隅田公演特設劇場「平成中村座」にて「浅草おどり特別公演 これやこの浅草ばなし」が開演。初日の本日、朝早くから大勢のお客様が詰め掛けていました。

午前の部は午後11時30分~、午後の部は午後3時からの2部公演。

 

スカイツリー開業記念の催しの一環でもある「浅草おどり」、ご来場のお客様方も華やかな顔ぶれでした。

明日は千秋楽・・・。

 

本日と明日、当日券も完売されているので是非お出かけ下さい。

ざ・花柳界も本日と明日の2日間微力ではありますが、裏方のお手伝いをしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

2012年

2月

13日

続報、追加情報 新人芸妓募集について

前回記事にてご存知かと思いますが、清水検番さんで新人芸妓さんを募集している件ですが・・。

清水検番さん・静岡伝統芸能振興会さんから詳細な募集要項を頂きました。

この募集要項の条件に合うと思われる方は是非清水検番さんまたは、静岡伝統芸能振興会さんにご連絡をされてみてください。

 

多くの方からの応募をお待ちしているとのことです。

芸妓さんになりたい!と強い意志をお持ちの方は是非この機会に応募してみてください。

 

上記掲載先に応募、お問い合わせをお願いします。

 

 

 

2012年

2月

13日

花柳界の連携

新潟日報の記事に書いてある通り、新潟古町芸妓と東京・八王子の芸者衆が競演するそうだ。

これからこうした花柳界同士が連携した催しなども増えてくると思います。

同じ業種・業態である以上、抱えている悩みなども同じだと言える。

こうした連携によって花柳界全体の賑わいが取り戻せれば・・・と思います。

是非多くの方々にこの様な催しがあった際にはお出かけ頂きたいと「ざ・花柳界」からもお願いしたい。

 

 

 

2012年

2月

12日

吉原弁財天の歴史の紐解き方

吉原弁財天の玉垣には歴史が刻まれている・・。

 

吉原にある吉原神社、そして吉原弁財天は吉原の歴史を語る上で大変貴重なものであります。

特に吉原弁財天ですが、最近歴史ブーム史跡ブームではありますが訪れる方の間では「関東大震災」で多くの遊女たちが焼け死んだり、圧死した悲しい事実の件のお話や説明をされているのを実際に弁財天・観音像の傍で耳にする事があります。

 

しかし、それだけではない貴重な歴史もあることに気が付いて欲しいと思います。

ざ・花柳界で記事にしたりしていますが、「花柳界がその当時隆盛を誇っていた地」を訪ねて出かけていく際に、その周囲にある神社仏閣にある玉垣を良く見ると、歴史の片鱗を窺い知る事が出来ます。それと同じに多くの貴重な事が分かってくるのです。

 

吉原は歴史や文化の発信基地だったと言われています。吉原の歴史はいろいろな切り口がありますが、

此処では吉原の花柳界に関してお話を進める事にしたいと思います。

 

 

吉原芸者

 

芸者発祥の地も「吉原」と言われています。

「芸は売っても身を売らず・・・。」と吉原の芸者衆はプライドを持っていました。というよりも、役割分担と言いますか棲み分けが出来ていたという事は言うまでもありません。それは花魁、遊女が居るからです。

芸者衆の役割はお客さんがお茶屋さんに上がってこれから「お遊び」と言いう気分と場を盛り上げるのが務めであったと言えます。所謂男女の関係は遊女の専門ですから絶対に許されない事でもありました。

また、芸者衆と幇間さんなどが男女の関係に・・・なんて事も許されなかったと聞いています。

間違いがあった芸者は吉原から追い出され他所土地に・・・というのが実際だったそうであります。

私自身、吉原芸者の皆さんに直接このあたりのお話を良く伺ったものです。

 

さて話を玉垣に戻すとしましょう・・・。

吉原弁財天には多くの吉原芸者の名を目にすることが出来ます。

先ほどの話等を思い描きながら玉垣に刻まれた名前を見ると、より一層隆盛を誇った吉原に思いを馳せる事が出来ます。日本で初めてレコードが登場した頃に吉原芸者がSP盤に唄を録音しています。その芸者さんは事の他声が大きかったからスカウトされた等の逸話もあるようです。

 

吉原弁財天を入って右側にずらりと並んだ名に目をやりますと、吉原丸の紋とその脇に仲ノ町と刻まれいる玉垣に目が行きます。「よしわら 仲ノ町 乙女」このように読むわけです。

 

順にご紹介しますと・・・。

 

「よし原 仲ノ町 乙女」、「よし原 仲ノ町 小み奈」、「よし原 仲ノ町 ちゃら」、「よし原 仲ノ町 栄太郎」、

「よし原 仲ノ町 その」

 

この姐さん達が吉原で一番古い「吉原仲ノ町芸者」だったのです。

吉原でも「仲ノ町芸者」と呼ばれる芸者衆と「横丁芸者」と呼ばれる芸者衆が居て、各が分かれて居たのです。

何といっても仲ノ町芸者が一番だったのであります。

 

先ほど挙がった名前の芸者衆の中で、「乙女」姐さんと「栄太郎」姐さんには幼いころ可愛がって頂いた記憶が残っています。

 


吉原の幇間

 

幇間=(太鼓持ち)は吉原には沢山存在していました。幇間誕生に関する古くからの歴史の片鱗は皆さん方にお調べ頂くとして、では実際に吉原で活躍していた幇間はと言えば・・・。
実は吉原にある「吉原弁財天」の玉垣にその名を見ることが出来ます。以前この話に触れた記事を「ざ・花柳界」で書いたかと思いますが、詳細に書き記してみたいと思います。

 

吉原弁財天の入り口を浅草方向に少し進むと、NTTの敷地に向かって左側に私道があります。その左側の玉垣に吉原で活躍していた、幇間連中の名前がずらりと並んでいます。
四代目家元 桜川三孝を筆頭に、桜川忠七、富本半平、松廼家㐂代作、松廼家㐂八、松廼家三平、松廼家一平、松廼家㐂久平・・・。少し離れた列に恐らく一門であろう桜川歌孝という名前も目にする事が出来ます。

 

実際に私自身が幼いころに目にした㐂代作さん、㐂久平さんのそれぞれの芸は今でも薄らではあるが覚えています。「どうぞ叶えて」や「こうもり」は強烈に脳裏に焼き付きついています。
それから月日が過ぎると共に、幇間さんの数は激減していったのであります。これ以降に「故 玉介」師匠などが登場してきたという歴史と言えます。

 

現在浅草の見番さんには、米七さん、玉八さん、七好さんに続いて若手の幇間も登場し現在に至っています。

2012年

2月

12日

新人芸妓さん大募集、清水検番

前回記事でご紹介している清水検番さんですが、3月16日まで新人の芸妓を募集し、4月から2、3人をデビューさせたいと現在芸妓さんを募集しています。要望としては若い年齢層の芸妓さんで、伝統芸能の伝承を担ってくれる方・・・。

 

芸妓として採用されると、先輩芸妓から化粧や着こなし、踊り、楽器演奏などの指導を受けながら、随時会食の場で酌をしたり、踊りを披露したりすることになります。採用された芸妓は、3年間は毎月20万円を保障、家賃5万円も補助されるという手厚い待遇を受けることができます。

 

是非全国からの応募をお待ちしていますと、清水検番さん・・・。

 

ざ・花柳界としましても是非多くの応募がありますように記事にして応援しています。

 

 

関連記事はこちらから・・・。

 

問い合わせ先

〒424-0817 静岡県静岡市清水区銀座11-12 

 054-366-5148

 

清水芸妓置屋共同組合

 

 

2012年

2月

10日

清水芸妓 新組織発足

記事にある通り、今後早急に芸妓募集が行われる。

今から芸妓になりたい方などは準備されたほうが良いかも知れないですよ。

清水芸妓置屋組合さんとしても、新人芸妓募集に大きな期待を寄せていると思います。

ざ・花柳界としても応援していきたいと思います。

2012年

2月

05日

豆まき。節分お化け

仮装してお茶屋を回る節分の行事「お化け」が3日、先斗町(中京区)や祇園甲部(東山区)などで行われた。

 

お化けは、立春(4日)を1年の始まりと考え、その前の節分に、普段と異なる格好をして災いが降りかかるのを避ける厄よけの風習。江戸時代に始まったとされ、かつて京都では一般女性も日本髪の結い方を変えるなどしていたが、今は、古いしきたりを守る花街で受け継がれ、各花街では毎年、歌舞伎の登場人物や宝塚風、歴史上の人物など趣向を凝らしたお化けが恒例となっている。

 

一方、関東では吉原で節分お化けが「大江戸よしわら被災地支援物産市」で行なわれた。

東京新聞でその模様などが記事に取り上げられた。

 

 

 

 

2012年

2月

03日

約一年ぶりに半玉さんお披露目  東京浅草組合

半玉 千華さん
半玉 千華さん

東京浅草組合さんの話題です。

 

約1年ぶりに半玉さんが誕生し、お披露目がありました。

 

1月17日にお披露目が行なわました。

 

半玉さんのお名前は 千華さん

置屋 河村さんからのお披露目です。

 

半玉さんがしばらく居ないと思っていましたが、1年ぶりに半玉さんが誕生になった事は大いに

喜ばしい限りですね。

 

どうぞ皆様御贔屓に宜しくお願い致します。

 

●写真及び情報提供 東京浅草組合様

 

 

 

 

 

2012年

2月

02日

浅草芸者衆大忙し

節分お化けと浅草おどり

浅草の芸者衆は本日から一段と忙しくなります。

節分のお座敷や、東京吉原地区で催される「大江戸 新よしわら被災地支援物産市・節分お化け」に

メイン出演が待ち構えています。

 

3日の豆まき当日は浅草寺にて豆まきに登場、続いて4日には吉原にて「金龍山穂希勝惚」(きんりゅうざん ほまれ かっぽれ)と題して特別ステージを行う。これには幇間連中もお座敷芸で出演。

 

そして、2月24日・25日には平成中村座にて「これやこの浅草ばなし」浅草おどり特別公演が控えている。

イベントや舞台に引っ張りだこだが、この不景気にこのような催し等で多くの出演機会があることは誠に良いことだと思います。

 

チラシをご紹介しておきますので、是非お出かけ下さい。



2012年

1月

06日

各地の花柳界、踊り初め

長崎検番(長崎市丸山町)で芸妓衆の仕事始めに当たる「初弾き」があった。
御贔屓筋らに初春の踊り初めを披露した。

続いては新潟の古町芸妓の話題です。

各地の花柳界が動き出しました。

お正月の雰囲気に無くてはならない芸者・芸舞妓衆・・・。

 

お正月~節分の間は特に、花柳界の話題も更に増えると思います。

 

 

 

2012年

1月

03日

お正月の雰囲気を盛り上げる花柳界

新年明けましておめでとう御座います。

 

年末~年明けの間は、花柳界に関するネタも途切れ気味でしたが・・・。

年明け3日に各地から話題が届けられて居ます。

そんな各地の情報を纏めてみました。

 

お正月の花柳界、既に動き出している所もあるようです。

新年早々に、各地では催しが行われており艶やかなその姿で訪れた方々を魅了しています。

 

今年の花柳界も目が離せません。

2011年

12月

16日

向島花柳界の模索 全国的な模索でも・・・。

 

 

12月15日付けの東京新聞の記事からですが、東京、墨田区向島にある「向島花柳界」もこれからの事を模索し始めているようです。

 

既に「ざ・花柳界」でも記事として取り上げている様に、花柳界の存続を考えていく中で必ず出て来る問題は、歴史・格式の世界をどうやって切り替えて進んで行くか・・・。と言う問題です。

 

一見さんお断りである花柳界の世界ですが、やはり多くの方々に来ていただき、より多くお座敷に呼んでもらうという事に繋がなければなりません。かと言って限られたお客様だけの世界も大事にして行かなければならないという矛盾との戦いがそこにあると思います。

 

この記事の内容にある通り、動かない時間の有効活用はある意味重要でもあります。

今ある資産を有効活用して、集客に結びつけるという事は大いに意味がある事だと思います。

 

例えを挙げれば、空き店舗の有効活用をする事と同じような感覚でもあるかと思います。

(こんな例えをしたら、全国の花柳界からお叱りを頂くかも知れませんが、分かりやすく一言で申し上げれば同じ理屈かと。)最終的に昼と夜の両方にお客さんを呼び込めれば素晴らしいと思います。

 

「昼はリーズナブルに、そして夜の世界はプレミアムに・・」と言う様に、言ってみれば、「オンとオフ」の使い分けでは無いでしょうか。

 

これから必然的に多くのお客様がスカイツリー完成後に訪れます。

何より忘れてならないのは、そこに来られるお客様に対して「おもてなしの心」があれば、

今回の取り組みも必ず成功されるのでは無いでしょうか・・・。

 

今や全国的に花柳界は模索を始めていると言えます。

全国の花柳界が、横の連携を是非して頂き、花柳界全体として盛り上げていくと言う機運に是非なって欲しいと願います。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

2011年

12月

16日

福井市芸妓組合 若手新人5名加わる

 

 

福井県の芸妓は福井市と小浜市に1~2名いる他は、全て芦原温泉芸妓組合に所属しているのが現状だそうですが、「福井市芸妓組合」さんに今回5名の新人が加わったそうです。

衰退していく危機の中、新人芸妓5名が出たことにより歯止めがかかったようです。

福井のあわら温泉と加賀山中温泉の芸妓が連携をするなど話題もあり、今後更に座敷文化に多くの方が注目されるのではないでしょうか。

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

2011年

12月

15日

山中・あわら 芸妓 連携決まる

 

温泉地の活性化に向け、山中とあわら両温泉の芸妓(げいぎ)が県境を越えて連携する 。両温泉の観光協会の連携協議初会合は14日、加賀市山中温泉文化会館で開かれ、互い の芸妓がそれぞれのイベントに出演し合うことなどを決めた。

会合には両市関係者や芸妓ら約20人が参加した。毎年9月に山中温泉で開催する山中 節道中流しに、あわらの芸妓が参加することや、北陸新幹線金沢開業に向けて首都圏での 合同誘客宣伝活動が提案された。両温泉の芸妓が一堂に会する新たなイベント案も示され た。

 

両温泉の連携は、あわら市が呼び掛けた。不況の影響などから「お座敷」の減少に歯止 めがかからず、現在、山中芸妓は10人、あわら芸妓は9人にとどまっている。10~2 0代の若手芸妓も活躍しているが、高齢化も進んでおり、相互交流で活性化を図り、伝統 芸能の存続を目指す。

 

北国・富山新聞記事より 引用

 

ざ・花柳界の別ブログで、この連携に関して記事を数日前に書いたが、今回のこの決定は新たな一歩に繋がると思います。芸妓の数が少ない現状を考えれば、連携を図って相互に協力し合い、お客様の獲得をして行かなければ、伝統文化・伝統芸能灯が消えてしまう危機になるからです。

 

特に温泉地などの花柳界は、観光と一体化したイベントを打ち出さなければならないでしょうし、

宿泊客の確保と、そのお客様にお座敷に呼んで貰える様な仕掛けが重要になると思う。

 

とにかくこの連携で大いに頑張っていただきたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

2011年

12月

12日

山中・芦原(あわら)の花柳界 連携へ

中日新聞記事より
中日新聞記事より

 

石川県加賀市の山中芸妓、福井県あわら市の芦原(あわら)芸妓の連携がこれから始まるようです。

この事は花柳界全体としても、非常に意義があり、喜ばしい事です。

連携を図ることで双方が切磋琢磨し、お互いを意識しあい、

お客様により良い芸をご覧に入れられると言う意識も強くなることでしょう。

また、掲載されている記事文中の中にもある通り、「お座敷文化の危機」が現実問題としてあります。

その理由の一つとして、「後継者不足や高齢化」などの問題があります。

これは全国にある、花柳界共通の悩みとも言え、避けて通ることの出来ない問題でもあります。

この様に、全国それぞれの地域にある花柳界同士が連携をしていくという事は、

これからも増えていくと思います。

時代の中で「お座敷文化・花柳界文化」の灯を消さない為には、

一部のしきたりを変えてでもそうしなければ行けない時期に来ているとも言えます。

色々と難しい面もあるかと思いますが、各地の花柳界全体の底上げをして欲しいものです。

 

ざ・花柳界はそうした花柳界を応援いたします。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

2011年

12月

04日

京都花柳界 縁起物の福玉

京都花柳界では急ピッチで縁起物の「福玉作」りが進められています。

年末の挨拶に回る芸舞妓さん達にお茶屋さんなどの御贔屓筋が渡す「福玉」・・・・。

こういう風習が生きている京都が非常にうらやましく感じます。

関東の花柳界にも、このようにほのぼのとした感じや、

花柳界独特の風習が多く紹介されれば良いなと思います。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
blogram投票ボタン

2011年

12月

04日

京都 南座の顔見世 花街総見

京都南座で行われる、吉例顔見世興行を鑑賞する恒例行事「花街総見」が1日から行われました。

京都の五花街の芸舞妓さん達がずらりと勢ぞろい・・・。

初日は先斗町歌舞会、2日目以降は祇園東、宮川町、祇園甲部、上七軒と言う風に順に鑑賞するそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
blogram投票ボタン

2011年

11月

28日

高岡園遊会2011 金沢芸妓衆と高岡能楽会

高岡園遊会2011~金沢の芸妓衆と高岡能楽会の競演~

 

日時:12月10日(土)午後1時開演 

会場:富山県高岡文化ホール

出演:高岡能楽会 ・ ひがし、にし、主計町三茶屋街芸妓衆(金沢市)。

 

12月、花柳界関係の催しが盛りだくさんなので、何処に行くか悩むほどです。

 

是非大勢の方々に花柳界の良さを催しを通して知って頂けらと願います。

かわら版で紹介している各催しに是非行かれてみては如何でしょうか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
blogram投票ボタン

2011年

11月

25日

明日、明治座で三花街が出演する誠雅会 催される。

 

「誠雅会」が、11月26日(土)、明治座(東京都中央区)で開催されます。

 

東京神楽坂組合、東京浅草組合、京都上七軒歌舞会の3花街が地域を超え、協賛する大きな催しです。

 

誠雅会とは、花柳誠三郎・輔太朗社中による会で、演目も義太夫、常磐津、清元、長唄、大和楽、筝曲、鳴物 の地方連中、そして東京神楽坂組合、東京浅草組合、京都上七軒歌舞会の芸者衆による唄、舞が披露され華を添えます。

3花街を贅沢に一日で楽しめますので、花柳界ファン必見だと思います。

 

 

 

「誠雅会」
協賛 東京神楽坂組合 東京浅草組合 京都上七軒歌舞会
2011年11月26日(土)
開場 午前10時
開演 午前10時40分
入場料 10,000円
場所 明治座 東京都中央区日本橋浜町2-31-1

blogram投票ボタン

2011年

11月

25日

来月、花柳界の催しは盛り沢山、博多をどりも始まる。

来月も、各地の花柳界では多くの催しがあります。

 

博多の花柳界では、「博多をどり」が12月9日・10日に博多区の博多座で開かれます。

 

目前に迫った「博多をどり」、博多検番で本番当日に向けて、お稽古に励んで居るようですね。

つい最近、九州場所で芸者衆の姿もテレビに映っていました。

出の(着物)衣装でずらりと並んだ芸者衆の姿、良いものです。

 

その他の花柳界12月の催しは「かわら版」アーカイブ記事でご覧下さい。

 

 

その他、12月に入って直ぐには・・

落語・花街の芸能 と題して12月3日にイイノホールにて催されます。

伝統芸の落語、東京の花柳界を代表して東京浅草組合と東京赤坂組合の芸者衆が出演します。

 詳しい記事は、かわら版のこの記事から・・。

 

 

ちなみに、東京浅草組合でも写真にある様な催しも開かれます。

お申し込みは 東京浅草組合 チケット販売のページからどうぞ。

 

blogram投票ボタン

2011年

11月

18日

浅草花柳界、連日楽しめる催し開催

 

 

東京浅草組合・浅草見番から

催しのお知らが届きました。

 

12月に2日間続けて、

浅草芸者衆出演の催しがあります。

 

まず最初にご紹介は、毎年恒例開催の

「香楽響宴 かおりおんがくであいのうたげ」。

今年で第八回目の催しです。

 

開催場所は浅草見番二階・大広間にて。

開催日:12月10日(土)

 

詳しくは東京浅草組合公式HPをご覧下さい。

 続いてご紹介は、

12月11日(日)に開催される、

  「第一回 江戸文化に親しむ会」

 

浅草芸者衆と幇間衆の芸を、

なんと!鳥越神社で見られます。

 

今回初めての試みで、

花柳界と神社のコラボです。

 

現在、東京浅草組合公式HPで

前売りチケット販売も始まっているようです。

 

お手ごろなお値段ですので、是非お出かけになられては如何でしょうか・・・。

 

詳しくは東京浅草組合公式HPをご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
blogram投票ボタン

2011年

11月

15日

松山検番 芸者衆 オランダの番組取材受ける。

松山検番の芸者衆が取材を受けました。

 

オランダのインターネット番組の撮影隊が、お茶席「乙鳥」さんを訪ねて、いろいろとインタビューしています。その模様を動画で掲載していますのでご覧下さい。

 

番組の内容、流れとしては・・・。

四国八十八ヶ所をめぐる企画の中で、松山では乙鳥さんに立ち寄り、

お茶を飲みながら、日本の伝統や芸者に触れるという内容です。

 

素敵な芸者衆とお茶席に、見ているこちらまでうっとりとしますね。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

2011年

11月

14日

祇園甲部で頑張る 芸妓 真ひろさん

愛媛新聞オンライン版に掲載されていた記事より・・・。

 

昨年10月に襟替えした、祇園甲部の芸妓「真ひろ」さん。

愛媛出身なんですね。

行儀作法から、京言葉までをしっかり身につけて、頑張っておられます。

京都は今や全国から舞妓さんになりたいと、応募が寄せられています。

 

他の花柳界も是非頑張って、半玉さん等の後継を育てて行って欲しいと思います。

また、芸者さん、芸舞妓を目指す方は全国に花柳界がありますので、是非各地の組合さん、見番(検番)さん、置屋さんに尋ねてみてください。可能な限り当サイトのリンクページで連絡先などをご紹介しています。ご参照下さい。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

2011年

11月

13日

岐阜花柳界 鳳川伎連 舞妓、お紅入れの儀

ざ・花柳界の記事で、過去にもご紹介したことがある岐阜 鳳川伎連さん・・・。

そこに籍を置く、喜久雛さんが一人前の証となる、「お紅入れ」の儀式を岐阜善光寺で行った。

喜久雛さんは、昨年11月に18年ぶりの舞妓として見世出し。

2年目を迎えるにあたり、今回の儀式を行った・・・・。

 

是非皆さんも岐阜に行かれた際には、お座敷を設けて呼んであげて下さいね。

 

岐阜 鳳川伎連

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
blogram投票ボタン

2011年

11月

10日

安城の花柳界 西洋人の芸妓さん

最近、日本の文化伝統を身をもって勉強されている外国人芸妓(芸者)さんが増えてきています。実際、東京浅草でもオーストラリア人芸者さん(当時の名前 紗幸)が居ました。(現在除籍)

伊豆長岡にもルーマニア国籍の外国人芸者さん(福太郎さん)が現役で頑張って居ます。

 

今回記事で紹介されているのは、ウクライナ出身の一舞(いぶ)さんだ。

 

歴史と文化が違うので、花柳界独特のしきたり等をしっかり一から教え、覚えてもらうには、置屋さんや見番さんの大変なご苦労もあるかと思います。

この世界に一歩入ったならば、しっかりと勤めて欲しいと願います。

意見の相違やすれ違いなどもあるかも知れませんが、その様なことが無いように頑張って頂きたいと思います。

安城では現在 7件の置屋さんがあり、芸妓衆は現在約 22名だそうです。

安城花柳界の皆さん、頑張って下さい。

 

 

安城芸妓文化振興会 笑美素会 

 

 

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

2011年

10月

06日

宮川町 みずゑ會 関係者招待公演が行われました。

みずゑ會が今日から開催されます。

開催前に、関係者の方々向けに招待公演が行われました。

 

各地で秋の公演が開かれていますが、是非花柳界ファンの方々宮川町 みずゑ會にお運び下さい。

blog comments powered by Disqus

2011年

9月

13日

京都 祇園 宮川町秋の公演「みずゑ會」

50年ぶりの演目 青海波に注目

来月、「みずゑ會」(10月6~9日)が始まる。

宮川町歌舞練場で12日、芸舞妓(まいこ)の練習が公開された。

「みずゑ會」は、戦後まもなく始まり、一時中断していたが、平成18年に復活。

今回演目で注目されるのが、「清元 青海波」約50年ぶりの舞台になるそうだ。

10月6日~9日までで、毎日午後4時から。全席指定7千円

 

 

詳しくは宮川町歌舞会のホームページをご覧ください。

 

 

記事参照元、産経ニュースより。

blog comments powered by Disqus

2011年

9月

05日

必見!二十年ぶりに復活した赤坂芸者の手古舞

赤坂花柳界.....

 

二十年ぶりに赤坂芸者衆の手古舞が復活。

 

赤坂氷川神社祭礼

来る9月18日、赤坂氷川神社祭礼に赤坂芸者集が手古舞で参加します。

神輿・巡行に赤坂芸者衆が参加します。

 

 

また、前日の17日、当日18日の2日間盆踊りも開催。18時30分~21時

こちらにも赤坂芸者衆が参加するそうです。

詳しくは、東京赤坂組合公式HP 赤坂氷川神社HP をご覧下さい。

是非皆様お出かけになって下さい。

 

 

blog comments powered by Disqus

2011年

9月

05日

金沢おどりに向けて

9月22日から4日間、金沢園遊会2011(同園遊会実行委員会、本社主催)として開催される「金沢おどり」が今年も近づいてきました。

つい先日(4日ほど前)に、同市の北國新聞20階ホールで合同稽古があったそうです。

 

金沢おどりは8公演が行われ、入場料はS席(指定)7500 円、A席(自由)6千円。芸妓衆のもてなしで金沢の老舗料理屋の特製弁当を味わう「加 賀の宴(うたげ)」とのセット券はS席1万3千円、A席1万1500円。加賀の宴のみ は7千円。お茶席券は600円となっている。

 

問い合わせは北國新聞社事業局=076(260)35 81=まで。

 

金沢に関する動画紹介 金沢 西茶屋街 芸妓

blog comments powered by Disqus

2011年

9月

03日

早くも京都の「祇園をどり」衣装合わせ

毎年開催される京都祇園東の「祇園をどり」(11月1日開催)の為の衣装合わせが、

祇園会館(京都市東山区)で行われたそうです。

 

その「祇園をどり」ですが、今年第五十四回目を迎えます。

 

開催期間は11月1日~10日、午後1時半と午後4時の一日二回公演。

チケットは3500円とお茶券付きのチケット4000円とあります。

 

詳しい事は記事文中リンク先の京都新聞をご覧下さい。

 

チケット・お問い合わせは下記まで。

祇園東歌舞会 電話075-561-0224

 

クリックで動画プレーヤーが画面下に表示されます。

 

祇園をどり 衣装合わせ風景

blog comments powered by Disqus

2011年

8月

27日

芦原温泉イメージソング

たまたま、ネット検索していたら見つけたのですが、

芦原温泉のイメージソングがあるんですね。

しかも、現役の芸妓さんがPV出演して歌もご本人らしいのです。

 

こういうPVいいですよね?

全国各地の温泉地に限らず花柳界のPVがどんどん出たら良いなと思います。

 

 

 芦原温泉 舞妓「ひさ乃」さんが唄っていま­す。芸妓として活躍しているそうです。

 

いろいろ大変でしょうが、芦原温泉の花柳界頑張って下さい。

 

 

 

 

 

blog comments powered by Disqus

2011年

8月

22日

浅草芸者と共にお練・・・。

浅草寺でお練、雨も一休みで賑やかに。

「三代目中村又五郎を襲名 四代目中村歌昇襲名」を前に、中村歌昇、中村種太郎、そして中村吉右衛門、中村歌六らが、浅草、浅草寺でお練りを行いました。

 

生憎の空模様でしたが、お練開始の午後11時には雨もひと段落で、無事にお練は終了。

沿道からは掛け声も・・・。浅草の芸者衆もお練に加わり賑やかに雷門前から浅草寺本堂前まで練り歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

2011年

8月

19日

来週行われる浅草花街授業

 

 

芸者と幇間(ほうかん)(たいこ持ち)の一年(四季)を、実際の芸と解説で紹介する催し「浅草花街(かがい)授業」が8月27日、東京浅草組合(浅草見番)で行われます。

 

都内最高齢の現役芸者、ゆう子姐さん(88)に話を聞く「浅草花柳界今昔」もあるのでお楽しみ頂きたい。 

 

お問い合わせ、チケット購入は東京浅草組合 浅草見番まで。

ホームページからもチケット購入が可能。

 

 

 

2011年

8月

19日

祇園からも被災地へ駆けつけ・・・。

産経ニュースより
産経ニュースより

 

記事更新がなかなかできず、ニュースソースも遅れ気味で申し訳ない。

2週間前の記事ではあるが、紹介したいと思う。

 

京都祇園から、被災地へ・・・。

 

被災地支援の一環で仙台七夕と連携し、被災者に明るい話題を届けようと企画されたものですが、祇園から舞妓さん、芸妓さんが被災地の方々を元気つけようと長時間支度しての移動に感心させられる。

 

お年寄りや東北地方の方は、京都祇園まではなかなか出向けないでしょうが、こうして現地を訪れ、実際に目にされた方々は一瞬でも心が和んだのではないでしょうか・・・。

 

 

 

 

 

2011年

7月

28日

9月開催、金沢おどり

金沢芸妓総出演

 

 

 

開催日:9月22日(木)、23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)
4日間8公演

※各日とも午後1時と午後4時の2回公演
※開場は各回とも1時間前
※公演時間は各回とも約1時間半

 

 

主催  金沢園遊会実行委員会、(財)石川県芸術文化協会、北國新聞社

協力  東料亭組合、西料亭組合、主計町料亭組合 

 

 

チケット購入、お問い合わせなど詳しくは金沢園遊会HPをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

2011年

7月

18日

浅草芸者衆、暑さにめげず・・・。

第10回 浅草寺導引地蔵尊ゆかりのみちびきまつり

気温35℃超えでの支度は酷ですが・・・。

写真提供 東京浅草組合様
写真提供 東京浅草組合様

 

 

7月17日、晴天で気温も35℃以上の午後3時30分~、浅草ゴロゴロ会館前から浅草寺裏境内の特設会場まで、浅草芸者衆も参加したお練がありました。

 

第10回 浅草寺導引地蔵尊ゆかりのみちびきまつり 

 

毎年行われる地域イベントの一つです。

この気温の中、芸者衆もめげずに大勢の観客に笑顔で答えていました。

特設会場で、芸者衆も踊りの輪に加わり、優雅に魅了。

 

暑さも忘れるほど夢中でシャッターを切るカメラマンや観光客で賑わっていました。

 

 

 

 

 

 

2011年

7月

15日

賑やかさを取り戻した福井花柳界

ここまで来る間に、いろいろな事があった福井の花柳界・・・。

 

いずれにしても、元の賑やかさが戻って良かったと思う。

人材の育成などに、今後は力を入れていく事でしょうが、是非頑張って欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

2011年

7月

03日

花柳界の地を訪ねて (予告)

現在鋭意取材中!

ざ・花柳界では、現在都内各地に存在していた花柳界があった地を訪ねて、取材活動中です。

 

有名な著書などでは、おなじみかも知れませんが、カメラ片手にあちこちを散策。

既に、浅草~向島などはご紹介していますが、現存している花柳界も含め歴史を紐解きながらご紹介して行こうと思います。

 

 

 

 

幻の如く、その地にあった花柳界・・その面影を追います。

 

現在鋭意作成中!乞うご期待ください。

 

 

 

 

2011年

6月

30日

残念な結果

 芦原温泉芸妓協同組合の悩みは続く

http://mytown.asahi.com/areanews/fukui/OSK201106030111.html

asahi.com : 福井の芸妓の卵、全員辞める 3人「芸に向いていない」 - マイタウン福井 via kwout

 

なんとも運が無いと言うか、福井の芸妓さんの卵が3人全員辞めてしまったとは、とても残念ですね。昨年火災で見番が焼失し、一年でようやく見番も新たに建て直しが出来たと思った矢先・・・。

 

伝統を残す、引き継ぐ難しさがやはりありますね。

全国の花柳界でも同じような悩みはあるかともいます。

特に伝統がある世界、一般の世界とは違い全てにおいて「しきたり」が優先されます。芸者(芸妓は)いつでもお客様に最高の芸をお見せしなければならないので、生半可な芸ではいけませんから若い芸者(芸妓)の卵(仕込みっ子)さんは悩みも多いでしょう。

早く新たな人材が増える事を願います。

 

2011年

6月

30日

9月開催の金沢おどり、稽古はじまる。

金沢市 ひがし茶屋街の芸妓衆

http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20110605105.htm

北國・富山新聞ホームページ - 石川のニュース via kwout

 

金沢おどりは金沢市の県立音楽堂邦楽ホールで、来る9月22日から4日間8公演が行われます。

是非お出かけになられてみては如何でしょうか・・・。

 

 

 

2011年

6月

27日

左褄のお話・・・。

東京浅草組合さん提供
東京浅草組合さん提供写真

「左褄をとる」という話。

 

「褄」と「辻」という和裁用語、ご存知でしょうか?。

普段何気に使う「辻褄が合わない」という言葉、これはその語源なのだそうです。

 

着物を着る時は、先ず前を合わせてから着ます。

なぜかと言うと、背中の線を真直ぐにする為です。

褄というのはこれから下の裾までの事をを指します。

 

 

良くこの様な着方もありますが、左前、右前という着方、この右前という着方の場合ですが、左が前になっているのに何で右前というのでしょうか?。

これには意味があって、右足の前に褄が来るのが右前です。左前というのは左足の前に褄が来る着方の事を言います。左褄を取るというのは前を互い違いにして褄を持ち上げます。これが「左褄を取る」と言う事になります。

 

どういう意味かというと、着物の中には襦袢があり、右前になっているので完全に密封していて、つまり手が入らないということになります。ですから「私は芸を売っていますが体は売りません」という意味になるのです。

 

奥浅草観光街づくり協会様提供
奥浅草観光街づくり協会様提供

今度は右褄をとる例ですが・・・・。

元禄~江戸時代の有名な花魁ですが、右褄を取っています。

つまり、この場合ここから手が入る訳で、お察しの通り色気を売っていますと言う訳になるのです。

 

もう一つの右褄を取る例として、お嫁さんですが、新婦が入場するときは必ず右褄を取っている事にお気づきでしょうか?。これは旦那様のお手が入りますようにという意味なんですね。

 

普段何気なく見たり聞いたりしている事でも、紐解くと奥が深いものです。

2011年

6月

25日

花柳界見て歩き

先日、東京下町の花柳界の様子をカメラ片手にぶらぶら散歩がてら見てきました。

 

まず最初は、浅草花柳界です。

 

浅草花柳界は東京浅草組合、浅草見番さんが仕切ります。

(芸者さんたちの連絡事務所が見番といいます。)

 

やはり場所柄、浅草という古い町に似合います。

建物やまわりのお店、料亭さんなども風情があります。

 

時間は午後2時ごろですが、それでも芸者さんがそぞろ歩いているような感じがします。実際この時間帯は座敷やイベントなどがなければ早い時間に支度した芸者さんを目にすることはありませんが・・・。

 

今度は向嶋へ・・・。

日にちは違いますが、向島(向嶋見番)まで足を延ばしました。

時間帯も浅草見番さんを訪ねた時間帯です。

 

言問橋を浅草側から渡って信号手前にある道を左に曲がると、写真のような道標が目に入ります。

 

 

この通りが向嶋見番通りです。

 

チョットうっかりしていると、ここが向嶋花柳界への道だと気が付かないかも知れません。通り沿いは途中までごく普通の下田屋(マンションや住宅)と学校などがあるので見落とした?と思うかも知れませんね・・。

 

別ルートで向嶋花柳界への道がありますが、今回は言問橋から・・・。

 

 

道を進んでいくと、信号の角に三国神社が見えてきます。

 

お正月などは向嶋七福神でにぎわいます。

 

江戸消防記念会の各組みがずらりと並んでいます。

この辺りから段々情緒が出てくる町並みになります。

 

和装小物のお店などが出てきます。

向嶋の芸者さん御用達のお店かな?向嶋言問姐さんのポスターが貼ってありました。

 

 

このお店を通り越していくと、左側に立派な料亭さんがあり、その隣が向嶋組合さんです。さすがにこの時間は周辺はのどかで静かでした。

 

気にしていないと分かりませんが、おそらくお稽古でしょうか?普段着の芸者さんを見番周辺で見かけます。

そしてここが向嶋見番さんの正面になります。

建物自体は近代的な建物なので、看板を見ないと見番と分からないかも知れません。

 

浅草見番と比較すると、雰囲気があるのは浅草見番の方だと思います。

もう少し、昼間の時間なども風情を演出すればなと個人的には思います。

 

さて、今回はぶらりと散歩ついでに浅草と向嶋の花柳界を写真を交えながら御紹介してみました。

 

時間があれば都内の他の花柳界もこのようにご紹介できればと思います。

 

2011年

6月

17日

福井、芸妓組合・火災焼失から復興

 

 

 

当時、火災による焼失のニュースをみてガッカリした気持ちでした。

しかし、1年でそれも見事に復興されたようです。

また、多くの方々が復興を願いチャリティーを開催されたり・・・、芦原芸妓が多くの方に愛された結果だと思います。 

 

芸妓組合事務所が完成し、これから益々芦原温泉芸妓協同組合さんのご発展を期待します。

 

 

芦原芸妓

2011年

6月

14日

ボタンの掛け違いで起きた騒動

ある意味喧嘩両成敗だと思うのですが・・・。

管理人的感想

 

 

 

ちょとした騒ぎになっているようですが・・・。

この件に関して、メディア各社の報道内容もバラバラなので取り上げてみました。

 

報道記事各社の取り上げ方

 

実際当事者同士の話なので、細かいことは書きませんが、事の事実に近い記事は上記のサムネイルにある記事が本当のところかと思います。

 

「外国人だから認めない」という事では無いようです。

そもそも、彼女が芸者の勉強をしたいという強い熱意に押されて答えた組合。

双方この段階で思惑違いや計算違いが生まれたようです。

 

本来の芸者さんの修行する(仕込みっ子)の期間も実際は数ヶ月・・・。

芸者=芸を売る・お客様に最高の芸を見せる というのが芸者であるのだが、その大事なお稽古も自分の都合でしなかったり・・・。

 

自前(看板)を持つにも4年以上にならなければ・・と言った決まりがあるにもかかわらずそれを通り越し独立を組合に求めたり。

 

組合・見番に身をおいているにも関わらずネットなどで個人的に活動・・。

本来ならば置屋のおかみさんの指導の下に動かなければならないのに・・・。

 

ある意味身勝手さが招いたとも言えるでしょう。

 

組合・見番の誤算、そして本来の勉強としての芸者体験を勘違いした彼女の双方のボタンの掛け違いという事でしょう。

 

 

2011年

6月

14日

伝統技芸認定おめでとう御座います。

京都新聞の記事に掲載されています。

認定されましたお姐さん方、おめでとうございました。

 

2011年

6月

07日

京都、五花街「都の賑い」お稽古始まる

2011年

5月

21日

くみ踊り観賞の集い チャリティー

出かけて来ました。くみ踊り観賞の集い

今日と明日開催の、東京浅草組合/浅草見番 主催 「くみ踊り観賞の集い」

チャリティーとして今年は行われました。

震災復興支援の一環として、一時は中止かという声で危ぶまれていましたが、花柳界から被災地に向けて元気を送るためにも開催されました。

 

今年は三社祭も御神輿は出ず、さらに輪を掛けてしんみりした空気が漂っていましたが、くみ踊り観賞の集いには大勢のお客様が足を運んでいました。

 

本日は無事終了、明日も多くのお客様が御覧になられると思います。

 

良かったですよ!

 

御覧の通り、下足箱は満杯の大入り満員です。

2011年

5月

17日

新橋花柳界「お酌さん」から1本さんに・・・。

本日の東京新聞記事に掲載されていた新橋花柳界の話題です。

 

震災直後にお披露目を向かえ、タイミング悪くお座敷はゼロ・・・。

そんな中でも老舗料亭や各置屋を人力車に乗ってあいさつ回りを行い、晴れて芸者さんとしてデビューを果たした。

 

新橋花柳界の明るい話題ですが、花柳界全体としても明るい話題です。

5月27日~30日に掛けて行われる「東をどり」には今度は芸者として舞台に立つ。

 

初々しくデビューした「きみ鶴」さんを「東をどり」で是非御覧頂ければと思う。

 

 

レンタルサーバー

ざ・花柳界に

ご協力頂いている皆様。

京都舞妓案内
京都舞妓案内
東京浅草組合
東京浅草組合
東京赤坂組合
東京赤坂組合
箱根湯本芸能組合
箱根湯本芸能組合
飯山芸妓置屋組合
飯山芸妓置屋組合
有馬温泉芸妓検番 田中席
有馬温泉芸妓検番 田中席
松山検番 松実会
松山検番 松実会
清水芸妓置屋協同組合 清美会
清水芸妓置屋協同組合 清美会
岐阜 鳳川妓連
岐阜 鳳川妓連
大塚三業通り 大塚三業組合
大塚三業通り 大塚三業組合
渋谷円山町会公式
渋谷円山町会公式
日本の全てから海外まで Brove.com
日本の全てから海外まで Brove.com
山中温泉観光協会
山中温泉観光協会
木更津市観光協会
木更津市観光協会
厚木市観光協会
厚木市観光協会
飯山温泉元湯旅館
飯山温泉元湯旅館
桜なべ 中江
桜なべ 中江

酉の市 長国寺

舞妓倶楽部公式サイト
舞妓倶楽部公式サイト
舞妓倶楽部オフィシャルブログ
舞妓倶楽部オフィシャルブログ
日本お座敷遊び協会
日本お座敷遊び協会
海外に向けて情報発信されています。
海外に向けて情報発信されています。
お江戸ル・堀口茉純が楽しく江戸を紹介! 
お江戸ル・堀口茉純が楽しく江戸を紹介! 
大井海岸芸者置屋 なみ喜
大井海岸芸者置屋 なみ喜
こてちゃい 浅草の芸者・幇間をご紹介
こてちゃい 浅草の芸者・幇間をご紹介